2015年 06月 15日 ( 1 )

蒼たんは 妹犬が来るまで非社交的なわんこでした
どんなわんことも 絡むことなく、ひたすらそのわんこ達のきれいな飼い主さんや 優しいお父さん達に「いい子いい子」してもらい満足する子でした


妹犬が来てからは 外に出かけることが増えて
一緒に遊びはしませんが 輪の中にいられるようにはなりました

普通サイズのわんちゃんには吠えたり唸ったりはなく
一見普通のわんこになったのですが・・・


大きなわんこを見ると 未だに興奮してしまいます
特にレトリバーは彼の大好物 ^^;
何故かテンション上がります


ある時 犬に詳しい方がドックランでの蒼たんの行動を見て言いました
「蒼太郎君 皆を守っているつもりでいますよ」「おうちでの蒼太郎くんの位置づけに問題があるかも」
そう その時、蒼たんお父さんも一緒にいたのですが お父さんの前に来るわんちゃん達を皆 追い返して吠えまくってました。お父さんのそばから離れません。


蒼たん>>>>お父さん
となっているから このような行動になるそうです

妹犬が他のわんこに追いかけられている時も(通称 狩りに遭う・・・と言うらしい)
蒼たん 自分の能力関係なく妹犬を守る行動に出ます


ある年の或る日 妹犬の友達わんずと 超大型犬90キロ、52キロの友達と富士山麓にピクニックに行きました。



大型犬のわんちゃんこそが 躾をしっかりしていて 飼い主さんも気を遣われることが多いですよね
この威嚇する蒼たんを見て わたくし・・・反省しまして
「蒼たん社会化勉強」を始めました


まだingなのが笑えますが
きっと一生続くことだと思います

アジリティーを始めて ハンドラーの指示に従って走ったり跳んだりするようになって
ようやく蒼たんも柔らかくなって来ました




鵜飼いを楽しむAさんと仲間たち
image1
image1 posted by (C)


にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村
[PR]
by marumarusousou | 2015-06-15 11:17 | Comments(0)

抱っこされたら「マルチーズ」、地面に降りたら「お笑い犬」。アジリティーをたしなみ 狩猟犬の妹と楽しく暮らしています。

by marumarusousou